ルナメアACの洗顔には界面活性剤が含まれている?肌への影響は?

ルナメアACの洗顔には界面活性剤が配合されているの?

肌へのやさしさが特徴であるルナメアACのニキビケア。

そんなルナメアACの洗顔(ファイバーフォーム)に肌に悪いと言われている界面活性剤が入っている?

実際に界面活性剤は配合されているのか、成分を徹底解析して調べてみました。

ルナメアACの洗顔料に配合されている界面活性剤の種類は?

結論から言うと、ルナメアACの洗顔料(ファイバーフォーム)には二種類の界面活性剤が配合されています。

ひとつはミリスチン酸と水酸化Kを組合わせたもので、一般的には石鹸に分類されます。

ふたつめはココイルメチルタウリンNaで、こちらはアミノ酸系の合成界面活性剤に分類され、ベビーシャンプーなどにも使われることが多い低刺激で肌にやさしい合成界面活性剤です。

これらを組み合わせることで肌への刺激を最小限に抑えつつ、皮脂や汚れをしっかり落とす洗浄力を実現しています。

ココイルメチルタウリンNa

ルナメアACに配合されている界面活性剤ってどんな成分?

界面活性剤とは、水に溶ける部分と脂に溶ける部分を併せ持つような物質です。

水だけで落ちない汗や皮脂汚れを浮かせて落とす役割があり、
肌についた脂汚れを、脂が溶ける部分で包み込むようにして肌から取り除きます。

包み込まれた状態では、水に溶ける部分が外側にくるような構造になるので、水やお湯などで洗い流して、脂汚れを落とすことができるのです。洗剤やボディーソープ、シャンプーなどあらゆる用途で使われている身近に多く存在する物質なのです。

合成界面活性剤が肌に悪いと言われる理由

合成界面活性剤は大きく分けると、天然系界面活性剤(アミノ酸系など)と石油系界面活性剤の二つに分類されます。

どちらも肌の汚れを落としてくれる洗剤ですが、一般的に言われる合成界面活性剤は、石油系の合成界面活性剤を指す場合が多いです。

石油系界面活性剤は洗浄力が強い分、肌への影響も懸念されます。
脂を溶かす力が強いあまりに、肌に必要な皮脂や水分まで奪うため、汚れを落とすと同時にダメージを与えています。

例えば、強力な台所洗剤などを使った後に肌が乾燥したり、荒れたりしたことはないでしょうか?

これは、肌のバリア機能を担っているセラミドを洗い流してしまうためで、洗顔料に含まれていると皮脂の過剰分泌や極度の乾燥、シミやくすみなどの肌の老化を引き起こす原因となります。これらの影響が大きいため、石油系の合成界面活性剤は肌に悪いと言われています。

石鹸と合成界面活性剤の違いとは

石鹸も界面活性剤のひとつですが、合成界面活性剤(合成洗剤)とは原料や洗浄力が大きく異なります。

石鹸の原料は、自然界に存在する天然油脂・脂肪酸(牛脂・パーム油・米ぬか油など) です。
石鹸は動植物の脂をアルカリで煮て作り、「脂肪酸ナトリウム(ソーダ石鹸)」や「脂肪酸カリウム(カリ石鹸)」という成分名になります。自然界のもので出来ているので、安全性が高く環境にも優しいです。

石鹸と合成界面活性剤は洗浄力にも差があるのは、汚れを落とす方法に違いがあるからです。
石鹸には天然の油脂が含まれいますが、この油脂により肌に付着した脂汚れを溶かしながら落とします。
例えるなら、油性ペンの書き跡を油で溶かすような洗浄方法になります。

合成界面活性剤と比較して洗浄力は弱く、脂汚れを包み込んで水で流せるようにする働きもありません。
石鹸でメイクを落とそうとすれば、落ちないことはありませんが、時間がかかるのはこのためです。

一方、石鹸以外に分類される界面活性剤を合成界面活性剤と呼び、石油や天然油脂を原料とします。
中でも石油系の合成界面活性剤は洗浄力が強いですが、安全性には不安が残り環境にも優しいとは言えません。

サイエンスなび/石けんと洗剤の科学

ルナメアACの洗顔料は界面活性剤が入っていても安心?

界面活性剤と聞くと「肌に悪い」という印象がありますが、その多くは石油系の界面活性剤についてのものです。

石油系界面活性剤は洗浄力が高い反面、肌への刺激や脱脂力が強いため、肌の乾燥やトラブルに繋がる可能性が高いことが指摘されています。

アミノ酸系の界面活性剤は石油系のものに比べてマイルドタイプで、肌にやさしいことがメリットがあります。

そのため、ルナメアACは界面活性剤が入っていても肌トラブルが起きにくい洗顔料ですが、全く肌に刺激がないわけではないため、肌に不安のある方はパッチテストを行い、

使用する際は肌につけている時間を短くするなど工夫しましょう。